柔道整復師や整体師になるには学校でノウハウを学ぼう~未来へ繋ぐ~

男性

柔道整復師の職場

タロット

私達の、生活は一瞬一瞬何が起こるか分からないものです。怪我や病気によって身体が正常に動かなくなってしまうとうことがいつ起きるか分かりません。そこで、その回復をサポートするのが柔道整復師という仕事になります。柔道整復師という言葉は、近年になってよく耳にするようになってきたのではないでしょうか。柔道整復師という仕事は、読んで字のごとく柔道から発生した治療法になるのです。脱臼や捻挫を始め、骨折による弱った箇所の治療を行なうのがこの仕事の主な目的です。今でこそ、学校によって教育が行われ育成から国家試験という以降になっていますが、以前では国家試験さえ通ればすぐに柔道整復師になることが出来ました。しかし、今では学校に通って3年間のカリキュラムを行い始めて柔道整復師になるための国家資格を受けることができるのです。

3年間学校に通い、解剖学または生理学を学び必修単位が85以上あることで始めて柔道整復師の国家資格を受験する資格をもらうことが出来ます。もちろん、学校に通いカリキュラムをこなすことももちろんですが国家資格なのでそれ相応の知識も必要になってきます。学校に通うことによって、しっかりと国家資格の対策もおこなっているので安心して通うことができるといえます。無事免許を取得すると、様々な道が用意されているのが柔道整復師にはあります。開院することも可能ですし、整骨院や接骨院で勤務をすることも出来ます。今では、医療現場のリハビリステーションでも一役買っているのが柔道整復師です。また、スポーツジムなどの施設でトレーナーとして働くこともできますし、プロスポーツチームに専属の柔道整復師として働くことも可能になっています。このため、幅広く働く場所が用意されているのです。